スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山中千尋「LivingWithoutFriday」

chihiros.jpg

澤野工房から出ている「ChihiroYamanakaTrio」のLivingWithoutFridayってアルバムです。
アルバムジャケット良し!で買いました。
ちょっと前からのずーっとの愛聴盤です。
お気に入りは?と?かな!
もちろん千尋のピアノも最高ですが
LafraeOliviaSciのドラムが最高です!
女性のドラムですが繊細で大胆なドラミングは必聴です。
・・・といいながらもこの女性ドラマーの経歴知らないんですが。
どなたかおしえていただけませんか!
スポンサーサイト

アムクロンのアンプ

またまたアンプを交換しました。
先日(過去投稿にもあるように)アンプをTASCAMのPA-20MK?に変更した話をしましたが
今回はアムクロン(AMCRON)のD-45ってアンプです。
オークションでも評判だったので値段的にも結構格安でしたので交換しました。
いや~!素晴らしいです。
ガンガン、スピーカーを駆動してくれます。
音の厚みがすごいです。エッジがきいています。
民生用のアンプじゃあやっぱり無理な表現力です。
外観は無骨で薄っぺらくて安物っぽいですが・・・
この音を聞くとそんなのは全然関係なくなりました。
CDプレーヤーから直結でプリなしで接続しています。
一度、体験されたらどうでしょうか!

オーディオチェック用で使用しています。

woodsteel2.jpg

ウインダムヒルコレクションから発売されている
「sounds of Wood&Steel2」っていうアルバムです。
テイラーのギターを使用しているミュージシャンが集っています。
非常に録音レベルが良くって主にオーディオチェック用で使用しています。
中域のチェックには最高です。
また3曲目は、複数のギターのポジションがはっきりとわかるかが勝負です。
ドラムやベースの存在感もチェックポイントです。
オーディオ用だけでなく1曲1曲が素晴らしい演奏です。

アンプを変えたら・・・!

pa20s.jpg

昨日まではアキュフェーズAccuphase E-307を使用していました。
ネットサーフィンをしていたらTASCAMの「PA-20MK?」がいけると。。。
あっ!そういえば何年も前に購入した「それ」が押入れで眠っている事に気がつき。。。
試しに入れ替えてみました!
するとすると、ビックリ仰天!!!
音が生き返りました。JAZZのサックスやトランペットがいわゆる「立った音」になりましたよ!!!
E-307は定価\280,000それに比べてPA-20MK?は\28,000・・・
1/10の値段です。
何って感じです。
そりゃあ、S/N比とか出力とかチャネルセパレーションとか高周波歪とかっていうデータだけだとPA-20MK?のほうは一桁も二桁も悪い数値と思います。
でも、現実に「音が!」激変しました。
確かにもう少し低域の伸びとか高音のみずみずしさとかが欲しいですが今まで電源コード変えたり各種のケーブル変えたりしましたがこれほどの変化は無かったです。
う~ん、オーディオは奥が深いですね。

自作スピーカーの紹介

P1010059s.jpg

少し前になりますが自作でスピーカー製作しました。
ユニットは、
◆FE208E?
◆FW208N
◆T925
をそれぞれ1本ずつ使っています。
バスレフ型で後部にダクトを設けています。
私自身は、どうも低能率のスピーカーは肌があわないというか
なじめないです。
(高出力のパワーアンプがないからか・・・)
やはり、高能率のスピーカーは「生きています!音が!」
JAZZからクラッシック・ロックなんでも来いって感じで
非常に気に入ってます。

ダニーハザウェイ ライブ

567s.jpg

ダニーハザウェイの名盤中の名盤のライブです。
このアルバムを聞くと明日も頑張ろうって思います。
そして1曲目から最後まで絶対に聴いてしまうアルバムです。

ええなあ、このアルバム(3)

jw


ジェニファー・ウォーンズのアルバムです。
タイトルは「Shot through the Heart」
もう20年以上前に発売されたアルバムですが
本当に名盤です。本当に!
ただCDでの発売はされていないです・・・(たぶん)
機会があればぜひとも探し出してでも聞いてください!

真空管アンプが欲しい!!

333s.jpg


インファナル・アフェアの映画でアンディ・ラウとトニーレオンがオーディオ屋で流れる曲を
“被遺忘的時光(失われた時間)」(歌:蔡琴)”
を聞いていた時には、ちょっと「ぞくっと」きました。
あれ以来、あの感動を実現させるには「真空管アンプ」しかないのかなと・・・・
今、所有しているアキュフェーズのプリメインじゃあ、ちょっと無理かなと思っています。
いい真空管アンプがあれば紹介してください。
実売価格で20~30万円くらいで。
JAZZをホットに聞かせてくれて、ボーカルがしっとりするようなやつ。ないですかね~

グレッグ・オールマン

248.jpg

引き続いてこれも最近のお気に入りです。

<以下、HMVからのコメントです。>
デュアン・オールマン亡き後、オリジナル・メンバーであるディッキー・ベッツらとオールマン・ブラーザーズ・バンドを結成、そしてソロ・アーティストとしても活躍しているグレッグ・オールマンがエピックに残した音源からのベスト・アルバム。未発表曲も3曲収録。

セルソ・フォンセカ

847.jpg

このアルバムはなかなかええですよ。
なんとものんびりした気分になれます。

<以下HMVからのコメント抜粋>

21世紀のブラジリアン音楽シーンをリードする最重要アーティスト、セルソ・フォンセカ待望の最新作が発売決定!ボサノヴァの真の魅力を現在進行形のサウンドで表現した最高傑作が誕生!

”リオの潮風”、ゆるやかな時間が流れる...。極上のスロー・モーション・ボサノヴァ。
その魅力はアップトゥデイトなリオの空気をソフトでせんれんされたスタイルで作品に吹き込むそのサウンドと、A.C.ジョビン、マルコス・ヴァーリらを継承する卓越したソングライターとして生み出される美しいメロディから成る絶妙のコンビネーションにあります。

1曲目から聞き違えそうになるほどカエターノ作品の趣を感じさせる本作ではありますが、ブラジル在住のアルゼンチン・パーカッショニストRamiro Musottoハミロ・ソムットと共演した’Atlantico’では名盤Afro Samabaさながらな響き!

世界的な人気を得た普遍的な音楽、ボサノヴァ。その真の魅力をオーセンティックな部分を継承しつつロマンティックで洗練された世界をぎっしり詰め込んだ2005年を代表するボサノヴァ・アルバムとして最高傑作と話題を呼ぶこと間違いなし!

Counter

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2005年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Profile

yousun(ゆうさん)

  • Author:yousun(ゆうさん)
  • 自分の好きなCDをランダムに紹介しています。
    オーディオねたも時々記載中!


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    FC2ブログランキングを見る
    ranking

Categorys

Recent Posts

Recent Comments

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。