スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ええっ!?EAGLESの新譜!!

ロング・ロード・アウト・オブ・エデン

イーグルスファンにとって、とんでもないニュース!!
もう2度と聴けるとは思わなかったEAGLESのNEWアルバム!
もちろんスタジオ録音!
まだamazonやHMVにもリリース情報ありません。(たぶん・・)
ここに紹介されてます。
タイトルは「ロング・ロード・アウト・オブ・エデン」(Long Road Out of Eden)
なんか、まだキツネにつつまれているようで半信半疑。。。
小生にとって2007年のもちろん最大のニュースになること間違いなし。

早くこい!!!10月29日!!!

you tubeよりファーストシングルの「How Long」





スポンサーサイト

Steely Dan への思い!

Tribute to Jeff

スティーリー・ダン(Steely Dan)が来日しています。
東京8/18~8/24
大阪8/26~9/1
福岡9/3~9/5
いずれもBillboard LIVEグランドオープンのトップバッターとして。
チャージが「バカ高」だったので、じっと我慢・・・
でも神様仏様的存在である彼らだったら、このくらい払わないとダメなのかもしれませんネ。

折りしも「山口小夜子」さんが急性肺炎で亡くなっていたというニュースが昨日流れました。
もちろん、彼らの最高峰アルバム「Aja(彩)」の表紙を飾ったモデルです。
今回の公演でその事を語ってくれるのでしょうか?

そうそう、少し前の8/5がジェフ・ポーカロの命日でもあります。
今回紹介のアルバムは、本人のアルバムでなく
死から5年後の'97年に数々のアーチストが集っての追悼アルバムです。
このHMVの参加ミュージシャンのクレジットを見てください!
凄すぎるというかオールスターです。
こちらのamazonで試聴もできます。
全ドラミストのバイブルにもなるアルバムかもしれませんネ!

そして、このアルバムの全体からくる雰囲気というかフレーバーというか印象が「すばり!スティーリーダン!」なんです。
(結構ラフな感じのジャムもあるんですが!)
理由として
ドナルド・フェイゲンもアレンジャーとして参加していることもありますし、
Steely Danの曲も演っていることもあります。

しかし、このオールスター凄腕ミュージシャンの音そのものが
スティリーダンだったのでは!と!

週末の夜は、これで決まり!

Night Lights

週末の夜は、ウキウキというか心のどこかに余裕がうまれます。
(と言いつつも大概は飲み歩いているのが常なんですが・・)
本日は、珍しく?飲まずに帰宅。

今はウイスキーをチビチビ飲りながらこんな音楽を聴いております。
GERRY MULLIGAN(ジェリー・マリガン)の「NIGHT LIGHTS
週末の夜にこれほど「もってこい」のアルバムも他にありません。

バリトンサックス奏者です。
ちなみにバリトンサックスとは、テナーよりも更に低い音程が出せるサックスです。
ちょうどアルトサックスより1オクターブ低い音域。
つまり管長もアルトの2倍って事で大きな楽器です。

実に切ない音色なんですが、彼が吹くと嫌味がなく実にスーッと入ってきてくれます。
(低い音だけでなく結構、高い音も出しています。)
小さめの音量で軽くかけてやって下さい。
1週間の疲れも吹っ飛びます。

amazonやHMVでのコメント通りの音楽です。

バックには名手ジム・ホールのギターも冴えています。

ジャケもいかにもマンハッタンって感じで
今日は、この1枚で酔います。



知らなかった ドゥービーのこの1枚

Sibling Rivalry

毎日暑い日(クソがつくくらい(笑))が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか!?
盆休みも昨日で終わり、今日から通常出勤。
(渋滞嫌いなもんで特に遠出もしなかったのですが墓参りやら実家へ帰ったりとそれなりにヘビーでしたが・・)

休みともなると子供じゃないですが何か工作をしたいなと!
ちょうど嫁さんのパソコン(古いVAIO)が逝かれてきた事もあり、そそのかして「自作パソコン」を作ろうと!提案→実行!
日本橋をウロチョロしてきました。

小生としては通算4台目の自作になるのですが
この際、OSもVISTAにしました。
仕事柄、そろそろVISTAにも慣れておく必要もあり、ちょうど練習用として・・(マイパソコンはXPで十分なんですが!)
また、女性に自作パソコンを受け入れてもらえる秘訣としてユーザーインターフェイスには気をつかいました。
ディスプレイ、キーボード、マウスの3点です。
(お洒落なやつを選択するんで逆に言うと金がかかってしましました)
おまけに家族1のヘビーユーザー?でもあるので
(動画編集やら画像編集やら・・・)
CPUやメモリーも豪華・・・!(うっ、うらやましい・・くらい)
にしてやりました!!!!(クソッ!笑)

あれあれ、パソコン談義になってきたので方向転換!

パソコン作成でインストール作業っていうものが結構ヒマ・・・。
そんな時にバックで流していたのが
上記、ジャケ写真のドゥービー!!!
彼らにとっての最新作!?(と言っても2000年発売)

トム・ジョンストン
パット・シモンズに
マイケル・ホーサック
キース・ヌードセン
ジョン・マクフィー
というある意味でもっともドゥービーらしい?メンバー。
もちろんマイケル・マクドナルドは不参加です。

個人的には1980年発売の「One Step Closer」がラストアルバムと思っている小生にとって
再結成後の1989年「CYCLES」、1991年「BROTHER HOOD」は
なんとも言えない気持ちで聴いており
実は、この「SIBLING RIVALRY」を押さえていませんでした。(未購入)

ところが、この前このアルバムを購入して聴いてみると
いやいや、これが実にGOODなんです。
初期ドゥービーでもないし
中期(マクドナルド参加の全盛期)でもないし
上記再結成後の2枚でもない
新たなドゥービーを感じさせてくれます。

POPでハードでアコースティックでエネルギッシュでメローで
そして全体的には、なんと「レイドバック感」が味わえます。

ドゥービーのどの時代のファンにとっても
それ以外の若い方にも絶対にお勧めの1枚です。

話は戻りますが
最新のパソコンは速い!快適!(自分のパソコンと交換したい・・)


Songs (70年代アメリカン・ロックの風景)

Songs


便宜上、整理上で音楽をいろいろな形でジャンル分けするのは良い事なんですが
ジャンル分けする事によりその音楽が違った方向に行くことも多々あります。
まして年代別に分ける事は偏見を生み出す愚の骨頂かもしれません。

そう言いながらも実は個人的に'70年代アメリカンロックには特別の思いがあり
小生の礎的存在です。
このブログを始めたきっかけも'70年代音楽を紹介したかったら・・・

「今(現在)」の時点で振り返ると「'70年代ロック」という一つのジャンルになるのですが
あの頃は「それ」が~ing(現在進行形)であり、
「それ」が青春そのものであり、
「それ」が魂というかエネルギーの源であり、
「それ」がすべてでした。

この「Songs」という本。
そんな「人間」をワクワクというかあの時代へ自然にタイムスリップさせてくれる本です。
一つ一つのアルバムや曲目の紹介・解説的な内容でなく
時代、思い、情景を語ってくれる内容になっています。

著者:小尾隆氏 → 氏のブログ

本の「帯」には、佐野元春氏が
とかく騒々しい声の中にあって、
小尾隆さんのロック評論は悠然としている。
控えめだが力強いまなざしがある。
その潔さに触れる時、
僕はロック音楽がもっと好きになる。


酷暑を乗り切る1枚!

Alison Krauss

久々の更新です。
この時期の台風は過ぎ去っても秋のように「台風一過」のすがすがしい晴れ間もでず、妙に蒸し暑い天気が続いております。
大阪地区の夏は、全国でも1番くらいの蒸し暑さと思います。

さてさて、そんな酷暑には「このAlison Krauss(アリソン クラウス)」が超お奨め!
清清しいというか瑞々しいというかこんなに心を純にしてくれる歌声はなかなかありません。
グラミー賞の常連でもありカントリー界の大御所的存在なんですが
声は「まさに歌姫」状態!

ここ「JUN-K」さんとこでも大絶賛されております。

この盤はベスト盤なんですが
最初1,2曲目を聴いた時には「ちょっと唖然」とするくらい放心状態に陥りました。
なんか頭の中が空っぽになる感覚と言えばいいのでしょうか!?

ラボリエル親子もバックを努めており演奏的にも大満足!
これはこの夏の絶対の1枚です。



Counter

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2007年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Profile

yousun(ゆうさん)

  • Author:yousun(ゆうさん)
  • 自分の好きなCDをランダムに紹介しています。
    オーディオねたも時々記載中!


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    FC2ブログランキングを見る
    ranking

Categorys

Recent Posts

Recent Comments

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。