スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感性に訴えかけてくれます。

David Benoit
スムース・ジャズの第一人者
DAVID BENOIT(デビッド・ベノワ)






スムース・ジャズ(Smooth Jazz)という言葉。
てっきり和製英語と思いきや・・・ちゃんとした英語のようです。

■軟弱
■心地よい
■クール
■BGM
■さらっと
的なイメージが浮かびます。

しかし、このデビッド・ベノワは、熱き魂を感じさせてくれます。
なんていうんでしょうか
このクリスタル感覚のピアノの音。
(リリカルで透明感溢れてます。)

カバーアルバムである、この「HEROES」
彼の尊敬している(ヒーロー)人の音楽を綴っています。
ビル・エバンスあり、エルトン・ジョンあり・・・

神聖な領域にまで達した感があります。

賛否両論あろうかと思いますが
小曽根真に通じる「音」「感覚」。

流れ出る音楽はスムースかもしれませんが
奥深さと情熱はホット・ジャズです。

大人の1枚。

スポンサーサイト

SUGARLANDっていうバンドは、超ゴキゲン!

Love on the InsideEnjoy the RideTwice the Speed of Life








SUGARLAND(シュガーランドというグループ。
超ゴキゲンなバンドです。






カントリー・ロック系の二人組み。(以前は3人)
・Jennifer Nettles
・Kristian Bush


3rdアルバム Love on the Inside(新譜)(左上)
2ndアルバム Enjoy the Ride(右上)
1stアルバム Twice the Speed of Life(左下)

新譜のLove on the Insideは、ホームページで試聴出来ます。
(上のバーの切り替えで4曲だけですが)

前々から書いておりますが
アメリカでは、こういった音楽が一番「うける」のかもしれません!
日本では、なぜかイマイチ・・・ですが
ストレートなカントリーロックに時折みせる切ないバラード。

小生にとっても「たまらない」ジャンルです。

LADY ANTEBELLUMやこのSUGARLAND
どんどんイキのいいバンドが出てきてます。

一気に3枚ゲットするのも「オススメ」。

暑い!

Hotter Than July
いや~!!!
暑い!猛暑!酷暑!
日本列島がヒートアップ状態です。
クーラーをかけても冷えない・・・我が家。
(50型プラズマTVが熱源か!?)



こんな時には、スティービー・ワンダーの「ホッター・ザン・ジュライ」
でもどうでしょうか!!!
過去にも紹介させていただきましたが
小生にとって彼のベスト5に入るアルバム。
名曲・ヒット曲のオンパレード。
聴きやすさならNo.1か!
曲間のつなぎも連続感があり一気にラストまで聴きいっちゃいます。

この暑さを吹き飛ばすには、最高!!



ジャクソン・ブラウンの新譜が出るぞ~

Time The Conqueror
嬉しいニュースが飛び込んできました。
ジャクソン・ブラウンの新譜が出るとの事!
(と言っても9月23日発売のようで、まだまだガマンですが・・・)

それにしても、凄いジャケット!ちょっとビックリです。

タイトルは「Time The Conqueror」

The Conquerorは、征服者という意味ですが
頭にtimeがつくとどう訳すのでしょうか??

ここ最近は、ソロ・アコースティック(Vol.1、2)のライブ盤で
我々を虜にしてくれてましたが
今回は、スタジオ録音ということで期待感は200%!!

どんな音に仕上がるのか!?
(なんかハード路線の予感も!!??)

このジャケットを見た瞬間にこれは絶対に名盤になると!!

そしてロビ・デュプリーやマイケル・マクドナルドの下記アルバムを連想しました。

Robbie_DupreeWhat It Takes


たまにはamazonさんの言うことを聞きましょう!

No Limits
amazonでCDをネット購入する機会が多いからだと思いますが
amazonからの広告メールも頻繁に届きます・・・

・あなたは、たぶん「これがお気に入りでしょう!」
・あなたに超おすすめ盤です!
・とっておきの1枚をあなたの為にセレクトしました!

ってな感じで・・・

ほ、ほ、ほっといてくれ~!
あ、あ、あんた(amazon)に俺の趣味がわかってたまるかあ~!
と内心、イライラしながらも
ほんとは内気な小生は、時々amazonさんの言いつけどおりにCDを購入します。(汗)

これも、その1枚・・・
NICK COLIONNE の 「NO LIMITS」

ジャケだけだと絶対買わない自身がある1枚・・・(笑)

しかし、これは「掘り出し物」!
というか抜群にグーです。

ジョージベンソンもどきです。(彼に失礼かな・・・!?)
メロー・スムースジャズってとこでしょうか。

黒々していなく日本人好みの曲調。
インスト中心ですが彼のボーカルもなかなかグー。

海辺でお洒落なカクテルでも飲みながら

そんな時にピッタリのアルバムです。

この夏の小生のヘビーローテーションになりそうな1枚。

彼のホームページはこちらです。





大人のおもちゃだ!iphone!

iphone

今日、初めて「iphone」の実機に触れることが出来ました。

これぞ、究極の「大人のおもちゃ」って感じで・・・
今まで、それほど欲しいリストに入っていなかったのですが
急に!「ねえ、お兄さん!私を買って!」ってな眼差しで見つめられました。。。

■そんなに電話をかけない。
■メール(iモード)もほとんどない。
(でも会社のメールは転送して、常に閲覧したい)
■次のPDAを物色中。
■ノートパソコンまで持ち歩こうと思わない。

そんな小生にまさにピッタリ!ってとこです。

触った感じとして
思いのほかレスポンスがいいです。(もたつき感は皆無)
タッチ方式も非常にスムーズ

いろいろと当初は不具合も続出するかもしれませんが
何度かファームアップで解決されていくことでしょう。。。

よっしゃあ~!買うぞ!
まずは、軍資金をパチンコか!パチスロか!でゲット!
(といいつつもipodを新しく買い換えようと同じ論理で挑戦しましたが・・・
すでにパチンコ屋に何十個分というipod分のお金を(一生下ろすことが出来ない)
貯金をしているのですが・・・・)




やっぱりオールマン・ブラザーズ・バンドは凄い!

Hittin' the Note


超推薦盤です!

く、く、悔しい・・・

なぜ!?こんな盤を見逃していたのか!・・・

オールマンブラザーズバンドが好きだ!
グレッグオールマンが好きだ!
サザンロックが好きだ!
そんなの当たり前!
音楽が好きだ!
っていう方、全員にお奨めできる1枚です。

オールマン・ブラザーズ・バンドの「Hittin' the Note」というアルバム。

もちろん、デュアンもいない!
ディッキーベッツもいない!

でも、そんなの全然関係ない!
っていうほど
オールマン・ブラザーズ・バンドの血が受け継がれています。
いまどき、こんな音楽を演ってくれること自体が奇跡!ブラボー!

グレッグ・オールマン
Vocal & Hammond B-3 organ
ブッチ・トラックス Drums & Tympani
ジェイモー Drums
ウォーレン・ヘインズ Vocals, Lead & Slide Guitar
デレク・トラックス Slide & Lead Guitar
オテイル・バーブリッジ Bass

ツインギターにツインドラム!
若き天才「デレク・トラックス(下記、デビッドサンボーンのアルバムにも参加)が
輝いています。

う~ん!!!
そんなことより、この「ウネリ」、この「怒濤のごとく押し寄せるサウンド」
いや~!マイッタ!

絶対に大音量で聴いてください!
感動が比例します!

<追伸>
このジャケットさえなければ、、、、、

デビッド・サンボーンのブルースアルバム!!

Here and Gone

超話題盤ですね。
確かにデビッド・サンボーン(David Sanborn)は、日本では一番人気なのかな!?
(ADLIB誌の7月号の表紙も飾っておりました。)

here&gone と題された新作アルバム。

日本先行発売という事で輸入盤は8月12日みたいです。

このアルバムの目玉は、やはりプロデューサーがフィル・ラモーンってとこでしょうか。

いやいや、全編「ブルース」で統一された潔さでしょう。

名作「ハイダウェイ」あたりを想像してお買い上げにならないように。
(ソフトメロウなフュージョンじゃありません。)

ゲスト陣が凄いというか完全に「ハマッて」ます。

2曲目のデレク・トラックスのギター
新生オールマンブラザーズバンドのギタリストでもあるのですが
以前、彼の演奏をDVDでみた時には「ぶったまげ」ました。
ピックを使わないフィンガリングでのスライドギターは「凄い!凄い!」って感じでしたが
このアルバムでもちょっと怖いくらいの演奏してます。

3曲目はエリック・クラプトン
渋すぎるボーカルでブルースやってます。

6曲目はジョス・ストーン
彼女の最初のアルバムの「ザ・チョーキン・カインド」を聴いた時は鳥肌が本当にたちました。
凄いボーカリストが出てきたな~と・・・
ますます充実したボーカルを聞かせてくれます。

9曲目のサム・ムーアも最高!

こういうゲストを起用したフィル・ラモーンはやっぱり凄いわ!・・!

も、も、もちろんサンボーンのアルトも炸裂しております。

大音量でもOK!しみじみ聴くにもOK!
分る人にはわかる!大人のアルバム!


ロン・カーター の 「It's The Time」

イッツ・ザ・タイム

ロン・カーター(RON CARTER)のリーダーアルバムを聴くなんて何年ぶりかなと・・・
これが良いんですよ!本当に!

IT'S THE TIME

ジャズベース会の大御所・重鎮。
あまりにメジャーすぎて・・・

あれっ?彼の演奏ってこんなんあった・・・??

小生の「彼への印象」は、
もっとずっしりとビシビシタイプ。
速いテンポの4拍子をうねるなようなウォーキングベースで展開するスタイル。

このアルバムは、ちょっと印象が違いました。
決して軽いわけじゃないのですがリラックス感が漂っています。
境地に達したような老練の技。

本当に聴いていてウキウキしてくるスイング感があります。

ドラムなしのピアノ・ギターによるトリオってとこも影響しているんでしょうネ。

アルバムとしても非常にまとまった1枚です。

これを機会に過去アルバムもじっくりと聴きたくなってきました。

*スイングジャーナル誌のゴールドディスク獲得
*タイトル曲は日本のCMでも話題になった曲です。


Counter

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2008年07月 | 08月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Profile

yousun(ゆうさん)

  • Author:yousun(ゆうさん)
  • 自分の好きなCDをランダムに紹介しています。
    オーディオねたも時々記載中!


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    FC2ブログランキングを見る
    ranking

Categorys

Recent Posts

Recent Comments

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。