スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョー・サンプルの原点回帰!?

The Pecan Tree
今日でオリンピックも終わり。
ちょうど食傷気味になってきた感もあり4年に一度だこからこそいいんでしょうね。
中国という国の偉大さと傲慢さと不気味さを痛感いたしました。
近い将来、音楽のほうでも世界を圧巻するかもしれませんネ・・・


原点回帰という言葉

(ジョー・サンプル;Joe Sample)の育ったテキサスの家の前に
大きなピーカンの木があったとのことで
それをタイトルにしています。

The Pecan Tree

以前に紹介した
レイラ・ハザウェイ、最近ではランディ・クロフォード
R&B歌手とのコラボレーションアルバムが大ヒットしていますが
このアルバムもLizz Wright(リズ・ライト)Howard Hewett(ハワード・ヒューイット)をゲストにむかえ2曲ずつ歌っております。

これが実にこのアルバムを引き立ててくれてます。

特に3曲目のリズ・ライトの「No One But Myself To Blame」は
ググッと泣かせてくれるバラードです。

良質なオーディオ装置で聴いて欲しいアルバムです。
リズのボーカルとジョー・サンプルのピアノが部屋の中を充満するように「フワッ」と漂います。

原点回帰というより、これが最近の彼の路線と思います。
初期クルセイダーズが彼の原点!?
もっと、チャキチャキのテキサスジャズを演って欲しいなあ~



スポンサーサイト

Dennis Wilson(デニス・ウイルソン) 心が洗われます

Pacific Ocean Blue

久々の更新です・・・

少し前までは、大阪は「クソ」がつくほど暑かったのですが
ここ数日は「秋」をも感じさせる日々です。
(関東以北では、かなり涼しいようですが)


今週は四国出張(高知→徳島→高松→松山)と4県巡ってきました。
大阪⇔四国は飛行機だったんですが
四国中はずーっと鉄道旅で移り行く景色を堪能し、美味しいものもタラフク状態!
(・・・一応、仕事での出張です・・・)

さてさて、巷で話題になっているこの盤。
ご存知、ビーチ・ボーイズのDENNIS WILSON(デニス・ウイルソン)
幻の名盤が復活しました!

タイトルは「Pacific Ocean Blue」

下記のように「超豪華デジパック仕様」!!
Pacific Ocean Blue2


ビーチ・ボーイズというバンド
あまりにも有名なんですが・・・結構「好き嫌い」が分かれるバンド
あの超名盤といわれる「Pet Sounds(ペット・サウンズ)」なんかは典型かもしれません。

小生もどちらかというと「好きでない・・」バンド・・・です。

しかし、このジャケットの圧倒的な存在感もあり購入!
日本盤を購入したのですが
上記のように素晴らしいデジパック仕様で「おもわずニンマリ!」

曲も軽快な曲もあるのですがずっしりと重い曲が多く
その1曲1曲が「ドキッとするくらいに響きます」
絞り出すようなボーカル。
小生の五感に直接訴えかけてくれます。

う~ん!名盤ですな!これは!
愛聴盤となりそうです。

晩夏の海辺で一人、じっくりと聴きたいアルバム。


マイケル・マクドナルドの名盤!

No Lookin' Back2
Michael McDonald(マイケル・マクドナルド)

No Lookin' Back


1985年発売(ソロとしての第2弾)


過去記事でも紹介してるのですが
LP盤でしか所有しておらず、聴けない状態・・・

この度、ようやくオークション(ヤフオク)でCD盤をゲット!!

うん!これは名盤ですわ!
プロデュースがTed Templeman
ドラムにジェフ・ポーカロ
ベースにウイリー・ウイークス、ネーザン・イースト
ギターにデビッド・パック、ロベン・フォード

そしてドゥービーのコーネリアス・バンパス(SAX)
なんと、ジョー・ウォルシュも1曲スライドギターで参加!

という超豪華ラインナップ。

全編ジェフ・ポーカロのビートがきいたリズムで「イケイケ」です。
その中にも聞かせる要素もたっぷり入っておりAORの王道って感じです。

後期ドゥービーの流れを感じさせながらも彼の音楽方向が築き上げられた1枚です。

くそ暑い夏にピッタリの1枚!
ぜひともゲットをしてください。

ここで試聴可能です。

Emmylou Harris(エミルー・ハリス)は、いいですね~

all i intended to be
カントリー界の大御所Emmylou Harris(エミルー・ハリスの新譜。
(と言っても発売から少し経ってますが)

タイトルは「ALL I INTENDED TO BE」

5年ぶりの新譜。

素晴らしいの一言です!
大地を感じます。
光を感じます。
哀愁の中にも希望を感じます。

5年ぶりの新作という事で
以前に絶賛させていただいたこのアルバムの流れに近いなあと!

クレジットを見ていて「おやっ!?」と思ったのですが
1曲目のドラムがKeith Knudsen(キース・ヌードセン)と・・・

言わずと知れたドゥービ・ブラザーズのドラマーです。
ちょ、ちょ、ちょっと待てよ~・・・
彼は、2005年2月8日に肺炎により死去している・・・

もう一度、このアルバムのクレジットをじっくりと眺めてみると
Recorded October 16 ,2005 to March 17,2008
と・・・

そうか~3年がかりで製作されているんですねえ~
それでもちょっと時期がすれているけれど
リズム隊だけ先録りしたのかな?

そんな事を考えながらも
心の奥底まで彼女の歌声が染みわたります。

JDのドゥーリン・ドルトン



イーグルスの初期時代の名曲の一つ
「DOOLIN-DALTON」

DESPERADO(ならず者)の1曲目を飾る曲で
哀愁ただようアコギとハーモニカから始まります。
ドン・ヘンリーの渋い声がなんともマッチした名曲です。

学生時代のバンドでもコピーして演っていたこともあり
小生にとって想い出の曲です。

クレジットを見ると
もちろんドン・ヘンリー、グレン・フライの作なんですが
JDサウザー、ジャクソン・ブラウンも参加しての共作。

YOUTUBEで
JDサウザーが演ってるのを見つけました。

アコギとベースだけのシンプルながら迫力ある演奏に釘付けになりました。
(最後部分はピアノも入ってます。)

元々「髭」はトレードマークですが
髪の毛もボサボサで・・・
目つきもちょっと怖い・・・(ドラッグ?の影響?)

新譜を出して欲しいアーチストの筆頭です。


Counter

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2008年08月 | 09月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


Profile

yousun(ゆうさん)

  • Author:yousun(ゆうさん)
  • 自分の好きなCDをランダムに紹介しています。
    オーディオねたも時々記載中!


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    FC2ブログランキングを見る
    ranking

Categorys

Recent Posts

Recent Comments

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。