スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDよ!さらば!

クリプトン、CD以上音質の24bit/96kHz配信サービスを開始
という記事が!

何度となく書いていますが
CDという媒体(および仕様)からそろそろ抜け出す必要があると思っております。

・16bit 44.1kHzという仕様

・CDという円盤
  →つまり回転体をレーザーでピックアップする仕様

この2点が大きな壁となり、音質というもっとも?大事な音楽の要素を犠牲にしていました。
(音質は2の次、3の次かもしれませんが・・・というか音楽はもっともっと大事な要素があるのは十分理解しております!)

さて、近未来的な話でいくと
長々と小生が説明するよりも
クリプトンの記事を参照してください。

間違いなくこの方向にシフトすると思います。

また、データ配信だけでなくパッケージの購入に関しては
現在のようにCD(円盤)でなく、シリコンメモリーが媒体になるでしょう。
(SD?CF?USBメモリー?)

もちろん最終的な保存媒体はHDDでなくSSDへと。

オーディオ産業もかなり図式が様変わりすると思われます。


スポンサーサイト

501回目!



この投稿が501回目ということになります。
2005年の5月から4年弱。
マイペースで書いてきました。
(月に10回弱の投稿というペース・・・)

雑ネタも結構多いですが基本的には「名盤紹介」をメインとしております。
(途中、何度か挫折しそうになったこともありますが・・・)

実はかなり前から、500回になったらこの曲を紹介しようと思っておりました。!

Bad CompanyのSEAGULLという曲。

超名盤中の名盤であります。
小生の年代の方にとっては「みんなが持ってる」的アルバム。

・Can't Get Enough
・Rock Steady
・Bad Company
あたりが誰もが認める最高の曲でしょう。

小生はアルバムラストを飾るこの曲「SEAGULL」をこの上なく愛しております。

大学時代のバンド名が「SEAGULL」だったということも大きく影響しているんですが・・・
(地元のつれと組んでいたほうのバンドです。)

アコギの音色と淡々と歌い上げながらもどんどんクライマックスに達する感じがなんともゾクゾクします。





大人のおじさん必聴盤!DIANA KRALL(ダイアナ・クラール)

Quiet Nights

時々、
・物思いに更けながら
・静かに
・ふわーっと
音楽を聴きたくなる時があります。

もちろんアルコール(ウイスキー)は必需品。
もちろんタバコも必需品。

週末の夜。

そんな気分にぴったりなのがこれ。

DIANA KRALL(ダイアナ・クラール)のQUIET NIGHT

発売ホヤホヤの新譜です。

ボサノバを取り上げていますが

・いつものダイアナ・クラーク
・いつもの雰囲気
・いつもの声

ストリングスが一つのキーポイントになっているのでしょうね。

彼女のベストはこのアルバムと思いますが
このアルバムも甲乙つけがたい出来ばえです。

脳ミソまでフワーッとなります。(笑)

大人のおじさん必聴盤!(おじさんは大人やろ!って?)

*小生は下記限定版(SHM-CD仕様およびDVD付き)を購入しましたが
  DVDは「おまけ」程度なんで通常盤でいいんじゃないかと・・・


いいですねえ~。 Taylor Swift

Fearless

ジェフ・ポーカロやスティーブ・ガッドのスネアドラムの音も大好きですが

このアルバム!1曲目からスネアの音が「スカッ!」と!
いいですねえ~。

Taylor Swift の 「Fearless」

やっぱりカントリーはこの音でしょう~。
いいですねえ~。

美人系ポップカントリー!
(勝手にこういうカテゴリーをつけているんですが・・)
やっぱり、いいですねえ~。

巷では
・これがカントリー?
・かわいこちゃん歌手
etcの批評もあるようですが

小生は純粋に楽しんでしまいます。
全曲ともいいですねえ~。

ドライブのお供にもいいですねえ~。

まあ、こういうアルバムはジメジメと聴くもんじゃありません。
とやかく批評するなんて愚の骨頂。

大きなボリュームで楽しみましょう。
いいですねえ~。



意味の無い計算・・・

CDラック

現在の所有CDは、約2,000枚くらい?かな?
(数えたことがありませんが・・・)

ちなみに毎月の購入CD数は約10枚くらいです。

この調子で増えていくと
1年後に2,120枚
2年後に2,240枚
3年後に2,360枚



25年後に5,000枚!という計算になります。
(25年後に生きているかは別として・・・)

いっぽう、毎日音楽を聴く時間は?というと頑張って2時間。

CD1枚の長さが平均60分(1時間)とすれば
5,000枚のCDを全部聴くのには上記のように1日2時間の音楽タイムと仮定して
5,000時間÷2時間/日=2,500日=6.8年・・・

その間にもCD枚数は増えていく・・・

そんなことを考えていると頭の中が混乱してきました・・・(笑)

大好きなアルバムはヘビーローテーションで今後も頻繁に聴いていくであろうし。
ということは、いかに聴かないCD(没盤)が多いかということの結論にもなります。

これって、無駄な趣味なのかな~と・・・

いや!ちょっと待てよ。。。

書籍(読書)なんかと比較すれば
小生は読書も好きで月に結構の数の本(文庫)を読みますが
まあ、もう一回読み返すという書物は存在しません。
しかし、本を読む=頭の中に残る=共感する=人生の糧になる という図式がありますよネ!

うん!音楽も同じかなと!
一度しか聴かない音楽(アルバム)があっても、それはそれでいいんだと!
音楽を聴くことの積み重ねが小生の人生にとって大きな意味があり続けるんだと!

そう!このブログのタイトル通りです。「LIFE WITH MUSIC」

(上記写真は自宅のCDラック一部です。)

元祖AOR

イタリアン・グラフィティ
本日、少し時間があったので大阪難波のタワレコへ。
ここは、4FがJ-POP、5Fがロック、POP系、6FがJAZZ・カントリー・クラシックというラインナップで選別されております。
いつも思うんですが
フロアによって客層は全然違います・・・
4Fは若者
6Fはおじさん
小生はもっぱら6Fが多いですが(笑)

本日は5Fへと足を運びました。

ふと。。。

「元祖AOR」 という言葉が。

その人の名はNICK DECARO(ニック・デカロ)
1974年発売の「ITALIAN GRAFFITI (イタリアン・グラフティ)」というアルバム。

いやいや、元祖という言葉には全くをもって弱い小生・・・
ジャケは気に食わなかったのですがいつのまにかレジへと。

ニック・デカロはドゥービーやジェイムス・テイラーなどのストリングアレンジャーとして名を馳せたお方だそうです。

今、このCDを聞きながらブログを書いております。
うん!いいねえ~!!
さすが元祖!!!

曲目も下記のようにお!おっ!って感じの著名な曲のオンパレード!
顔に似合わず?結構高い声質ですがしっくりときます。
バックにもデビット・T・ウォーカーやハービー・メイソンなどの美味しいメンバーも参加しております。

この手のアルバムには結構だまされ続けてきているんですが・・・
これは正解!アタリ!ってとこでしょうか!

1. ジャマイカの月の下で
2. 輝く太陽
3. 二人でお茶を
4. オール・アイ・ウォント
5. ウェイリング・ウォール
6. アンジー・ガール
7. ゲッティング・マイティ・クラウディド
8. 町はねむっているのに
9. キャンド・ミュージック
10. タピストリー


溜まるCD

「溜まる」「貯まる」
基本的には同じ意味なのでしょうか??

しかし現実的にはあきらかに違う意味があると思われます。

音楽コレクターとしてCDが貯まっていって増加していくのは良いのですが
小生の場合は溜まる的増加・・・

読書でよく言われるところの「積読(つんどく)」状態。

amazonなんかでポチッ、ポチッとクリックして買うのはいいのですが
・ゆっくりと聴く時間がない
・一回(というか1曲目だけ)聴いただけで「ダメ盤」と烙印してしまう悪いクセ
・お気に入りの盤をヘビーローテンションで聴いてしまう
の理由で・・・
ヘタをすれば封を開けないままのCDも存在する有様。。。

今、このブログを書きながらも
モーツァルトなんぞを聞きながらです。

基本的にこのブログでは一部辛口批評もしていますが
お気に入りの盤だけを紹介しております。

駄盤紹介を一気にやってみたいという欲望が・・・・

大ニュース!   

クール・フール
過去にも紹介させていただきましたが
Bruce Roberts(ブルース・ロバーツ)のCOOL FOOLが
CDで発売されるようです。
5月20日みたいです。

待ちに待った日がようやく!
(決してオーバーでなく!)

よっしゃ~!買い占めてやるぞ~!(笑)

当ブログ管理人が絶対の自信でお勧めできる名盤です!



ELLIOTT YAMINN(エリオット・ヤミン)のちょっと辛口評論

WAIT FOR YOU
ちょっと出遅れというか今更かもしれませんが・・・
ELLIOTT YAMIN(エリオット・ヤミン)の大ヒットアルバム「WAIT FOR YOU」を紹介。

さすがにスティービー・ワンダーが大絶賛しただけあって
凄いボーカリストです。
感動的なシンガーです。

拍手喝采!ブラボー!!

彼自身もスティービー・ワンダーやダニー・ハザウェイに影響を受けたとのことで
ヤミンの歌い方も節々に二人の姿が見え隠れしてます。

さてさて・・・
ここからはちょっと辛口になりますが・・・

う~ん、あまりにも上記の二人に影響が受けすぎというか
モノマネ大賞!的な感じが否めません。。。

あの超名曲「A Song For You」も
(レオンラッセルの名曲ですが)
そのまんまダニー・ハニハザウェイです。
涙が出るくらい・・・・

冒頭にも書きましたが
ボーカリストというかシンガーとしては何十年に一度の逸材です。

しかし、ソングライターでない彼。
(ここがスティービー・ワンダーとの絶対的な差)
このモノマネ的路線だと先々の活躍は難しいかもしれません。
(本人はモノマネでもなんでもなくこれが彼本人の歌い方と思いますが・・・)

曲作りを今からするのは不可能と思いますので
もっと自分の歌い方を開拓していくのがいいんじゃないかなと。

かなり辛口になりましたが・・・
何度も言いますが「歌い手」としては最高!!!

えっ!?
ダニー・ハザウェイなんて知らない方にとっては、新鮮で斬新かも・・・

おいちゃんは応援するぞ~!!!



黄砂と花粉と・・・と

ここ最近、土曜日出勤が重なったこともあり昨日(月曜日)は振り替え休日としました。
ここ大阪地方は天気がよく気温も上昇↑。

家にいても暇なんで昼過ぎからいつもの打ちっぱなし(ゴルフ)場へと。
ここの練習場は球(ボール)が本球であるのと長さが300ヤードありドライバーでも落下地点を確かめられるということでお気に入りの練習場です。

いつもは土日しか行かないんですが
平日の昼だからさぞかしガラすきかな~と(土日でも60~70%の入りなんで・・・)

駐車場へ入ったら・・・
???車の数が以上に多い・・・・
うん???

打席にはズラーっと人!人!
そ、そ、それも人生の大先輩ばかり・・・
60歳、70歳台の大御所のかたばかり・・・・

土日は若いもんや女性のかたも結構多いのに・・・

見事に熟年(老年?)軍団の集い。
完全に社交場と化しています。。。。

「昨日はあがりの3ホールで3パット連続やったわ~!ガハハ!!」
「内の嫁はワシのことを無視しやがるんや~ガハハ!!!」
「あんたとこのお孫さんは小学生かあ~?ガハハ!!!」

こんな感じで・・・・

確かに住宅街の中にある練習場なんで・・・・

もちろんシングルっぽい方もおられますが・・・・

なんか平日のこの時間にサラリーマンが練習場に来ていることに「罪悪感」を感じてしまうくらい・・・・

黄砂でちょっと霞んでいるし・・・

花粉もかなり飛んでいるし・・・・

おまけに生暖かい風に乗って「加齢臭」と「ポマード」の臭いが・・・・

100年に一度の経済危機といっている日本であるのに
なんとも平和な風景に
これでいいのか?
うん!これでいいのだ!と・・・




Counter

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2009年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Profile

yousun(ゆうさん)

  • Author:yousun(ゆうさん)
  • 自分の好きなCDをランダムに紹介しています。
    オーディオねたも時々記載中!


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    FC2ブログランキングを見る
    ranking

Categorys

Recent Posts

Recent Comments

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。