スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に入りの3枚!(超推薦盤)

11月になりましたネ。
ここ東京は透き通るような青空の一日でした。

久々に本筋?のCD紹介を・・・。

ここ最近でのお気に入りの3枚です。↓↓↓
Laughing Down Crying  
Guitar Man  
Duets An American Classic

上から
ダリル・ホール(Daryl Hall)「Laughing Down Crying」
ジョージ・ベンソン(George Benson)「Guitar Man」
トニー・ベネット(Tony Bennett)「Duets: An American Classic」
巨匠3名の最新作!!

一番若い?ダリル・ホールでも63歳
ジョージ・ベンソン68歳
トニー・ベネットは85歳!

という熟年を超えた超シルバー(ゴールデン)パワーです。

しかし、しかし3枚ともベリーグッド最高です。

特にダリル・ホールの「Laughing Down Crying」は間違いなく自分としての2011年度ベスト盤!
イーグルスのテイク・イット・イージー?を思わせるアコギで始まる1曲目の「タイトル曲」から完全にノックアウト!!
コードGも同じ!思わず自分のギターを持ちだして弾いちゃいました。
このブログで何度となく紹介させていただいた「ダリルハウス」でのセッションがそのままアルバムになったような感覚!
メロディメーカーとしての才能とリラックスしたなかにも緊張感のある曲の数々!
これぞ捨て曲無しの名盤と超推薦させていただきます。

ジョージ・ベンソンのギターマンもいやいや最高です!
ボーカル曲は少ないのですが、そのぶんギターマンというタイトル通りにギターを堪能できます!
ボーカル曲が少ないと書きましたがボーカルトラックはどれも最高で心に染み渡るっていう感覚はこれでしょうネ。
大好きなマイシェリーアモールなど熟練(匠)の極みです。

最後にトニー・ベネットですが
タイトル通りに全曲が「デュエット」!
ちょっと凄い!凄すぎるメンバーとのデュエット!!!!!!
下記のアーチストをご覧ください!

Dixie Chicks
Barbra Streisand
James Taylor
Billy Joel
Juanes
Elton John
Paul McCartney
Tim McGraw
Celine Dion
Diana Krall
Stevie Wonder
Elvis Costello
k.d. lang
Michael Bubl
Sting
Bono
John Legend
George Michael

えっ!えっ!?ええっ!!!って感じのメンバーです。
このメンバー全員のアルバムの総売上枚数はいったい何枚?になるの?
億以上の枚数は間違いありません!

これだけのメンバーだと、さぞアルバムも統一感の無い絢爛豪華だけが取り柄と思われましょうが
いやいや完全にトニー・ベネット一色に染まっています。
タイトル通りに古き良きアメリカンソング集です。
ホッとする1枚です。

  
スポンサーサイト

Counter

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2011年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


Profile

yousun(ゆうさん)

  • Author:yousun(ゆうさん)
  • 自分の好きなCDをランダムに紹介しています。
    オーディオねたも時々記載中!


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    FC2ブログランキングを見る
    ranking

Categorys

Recent Posts

Recent Comments

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。